アウトレットモールでデジタルサイネージを導入する

アウトレットモールなどの巨大な商業施設では、数多くの顧客が訪れ、モールに入っている様々な店舗を回ります。

商業施設が大きければ大きいほど、各施設への移動経路を明確に指示する為の案内板や各店舗でどのようなキャンペーンを行っているかなどを掲示する必要があります。

話題のgoo ニュースをさらに詳しく調べてみませんか。

デジタルサイネージは、デジタル技術を最大限に活かして、ハッキリとした画像や映像を映し出し、多くの人々が見易い環境を整えられます。デジタルサイネージ用の端末は、セットボックス型やスティック型やディスプレイ一体型など様々なタイプの物が販売されています。

デジタルサイネージ情報の差に驚きました。

その為、設置場所を考慮しながら、端末を選択していく必要があります。
アウトレットモールのような巨大な施設であれば、ネットワークでサーバと端末を接続して、表示する内容を直ぐに変更出来るようにしておいた方が利便性が高く、新しい情報をいち早く顧客に伝えられます。



デジタルサイネージは、宣伝や案内など色々な方面で使えますので、導入する企業は増加傾向にあります。

立て掛けタイプの場合、看板のような使い方をする事で、通りを通る人々にメニューなどを掲示する事が出来ます。

文字情報だけでなく、写真なども添えておく事によって、そのお店でどのような商品を扱っているのかが一目で分かりますので、集客に役立つ可能性は高まります。ネットワーク対応タイプであれば、コンテンツが完成した時点でサーバから端末へ広告を配信出来るといったメリットがあります。